オンテックスが展開しているリフォーム事業について

オンテックスとは何か

作業員
オンテックスという企業 オンテックスという会社ではリフォーム事業を展開しています。またリフォーム以外でも不動産や太陽光発電などの事業も取り組んでおり、持ち合わせているノウハウは他の企業よりも多くあります。
リフォーム事業の内容 オンテックスが取り組んでいるリフォーム事業では、依頼された建物の室外工事を主に外壁塗装や太陽光発電の取り付けなどを行なっています。こうした取り組みは様々な事業を展開しているオンテックスならではと言えます。
資源を無駄にしない方法として オンテックスが行う太陽光発電への事業では、家庭に太陽光発電が行えるパネルを取り付けることによって自然のエネルギーを電力に変えることが出来ます。それにより資源を無駄にしないエコ活動にも繋がっているのです。
新築で家を建てる場合にも オンテックスでは住宅建設の事業にも力を入れています。そのため新築で家を立てる場合は室外工事として外壁の塗装にこだわったり、クリーンなエネルギーを利用するために太陽光を利用する設計にしたりすることも可能なのです。

外壁塗装の業者にまつわる話

住宅模型を持つ人

塗装についての様々な知識

塗装を行う場合には塗る塗料についての知識も必要ですし、塗られる素材との相性も知っておかなければなりません。また、こうした知識を身につけておくと業者に依頼しやすくなるのでオススメです。

READ MORE
塗装

塗装する季節っていつ?

外壁や屋根を塗装する場合、多くの方が専門業者に依頼するでしょう。雪や雨以外であれば基本的にどんな時期でも塗装する事が出来ますが、塗装に向いている時期が実はあるのです。

READ MORE
ハウス

賢い塗装業者選びとは

業者選びは重要です。塗装一つで外壁や屋根、それらを含む建物全体の寿命に関わってくるのです。業者選びの注意点やポイントをいくつか紹介するので気になる方はぜひチェックしてみましょう。

READ MORE

室外工事で多い外壁塗装の疑問

家の壁を塗装するタイミングがわかりません

外壁素材にひび割れが見られたり、壁を触った時に粉が付着するようであれば劣化している兆候なので検討した方がいいでしょう。実際に専門業者に見てもらうというのも一つの手段です。

壁だけでなく屋根も塗装した方がいいのですか?

屋根の材質によって異なります。瓦屋根のような造りであれば塗装する必要はありません。しかし、金属屋根なら防錆塗料を使って塗装をすることで耐久度を上げることが出来ます。

壁に塗る塗料は自分で選ぶことができますか?

各専門業者では様々な塗料を揃えていますので、希望に応じて塗料を選ぶことができます。また、料金も塗料によって金額が変動しますので、事前に相談しておくようにしましょう。

外壁塗装に保証ってつきますか?

各塗装会社によって異なりますが、塗ったばかりで塗装が剥がれてしまった、などのトラブルには対応している業者が多いです。保証内容については依頼前に確認しておきましょう。

工事中は家にいなければダメでしょうか?

特に自宅から離れても問題ありません。また、工事中は窓ガラスに塗料が付着しないようにするために養生を行うので、夏場などの暑い環境では室内よりも外出する方の方が多いとされています。

オンテックスを利用した方々の口コミ

飛び込み営業でビックリしたけど

週末にいきなり営業マンが家に訪ねてきました。話を聞くとオンテックスさんだったのですが、ちょうど壁の修繕として塗装を行おうとしていたのでタイミング的にも施工内容にも満足しています。

質にこだわって依頼した結果

金額に糸目をつけない代わりに塗装の質を求めてオンテックスに依頼しました。希望していた内容が多かったのですがほとんど叶えてくれて大満足です。工事自体もスムーズに進めてもらい感謝しています。

施工に掛かるまでの時間が長い

始めは見積もりから施工までの時間が長いと思っていたのですが、素人の私にもわかりやすく丁寧に説明しながらの着手だったのでそれだけ時間が掛かったのも納得です。勝手に進めてしまう業者より信頼できます。

蒸し暑い夏に嫌気が差していた時

外壁塗装で熱を分散して吸収する塗料があると聞いて、オンテックスに施工依頼をしました。蒸し暑い夏場の中職人さんが必死に塗ってくれた塗料のおかげで夏を涼しく乗り越えられました。

評判を聞いてオンテックスに依頼しました

昔から塗装を行なっていていろんな事業を展開していると噂を聞き、オンテックスを利用しました。見積もりは少しだけ高く感じましたが、仕事内容は納得のいく出来栄えです。今度、実家の外壁も依頼しようか家族で会議をしています。

再生可能エネルギーで電気を作ろう
発電システムを要チェック!【PR】
オンテックスにお任せ!
外装塗装・建物の補強に最適外壁塗装なら福岡の業者に依頼しよう
失敗しない会社選びの方法を解説!外壁塗装はオンテックスに依頼
プロが丁寧な施工をしてくれる内装工事ならオンテックスにお任せ!
希望に沿った設計プランをプロが提案

塗料の耐久性を表す「耐候性」について

塗料の多くに使用される言葉で耐候性という言葉があります。これは天候によるダメージに対しての耐久を示す意味を持っているため、外壁塗装の際にはこの耐候性に注意して選んでみましょう。

壁の素材と塗料の相性について

高い強度と防火性を持つモルタル素材

強度と耐火性を持っているモルタル素材には弾性塗料を中塗りした後、上塗りで使う塗料としてウレタンやシリコン、フッ素といった塗料があります。中塗りさえしっかり行えばほとんどの塗料と相性がいいのです。

住宅外壁のほとんどがサイディング素材

モルタル素材に代わり、最近の住宅外壁ではサイディング素材が使用されています。加工しやすく、防音や耐久に優れるこの素材にはシリコン塗料がうってつけとされており、汚れに強く耐熱性にも優れてます。

自然を感じる木質系素材では

自然の木材を利用している木質系素材は、温度や湿度の調整がしやすくなります。しかし元々は木なので水分を含み膨張したりするケースもあります。それを防ぐために柔軟性の高いウレタン塗料でカバーするようにしましょう。

鉄筋でおなじみコンクリート素材

ひんやりとした印象のコンクリート素材は保湿性に優れています。その保湿性をキープするためにもシリコン塗料や耐候性のある塗料と相性がいいです。またコンクリート内部の鉄筋を保護するためにも防錆塗料もいいですね。

デザイナーズが好むタイル外壁

あまり見かけないですが、タイルを使って外壁を作る場合もあります。タイルの外壁では外観を損ねないようにするために塗料を使用しないケースが多いのですが、保護塗装として防水に優れた塗料を用いるようにすると耐久性が向上します。

新築物件から外壁塗装の塗り替え目安

新築物件を購入したり、建てたりした場合外壁の塗り替えの目安としては約7年から10年になっています。しかし、立地条件によっては塗料の劣化が激しい場合もあるので、定期的に専門業者に点検してもらいましょう。

広告募集中