ビジネス英語はどう身に着ける?

>

ビジネスパーソンに必須のスキル!

ビジネス英語と日常英語は何が違う?

では実際にどのような点が違うといえるのでしょうか?
まず日本語で考えてみましょう。
普段私たちが使っている言葉は口語体や話し言葉と呼ばれます。
家族や友達などと話す際に、特に丁寧な言葉や言い回しを使ったりしないと思います。
しかし日本ビジネスの場では独特な言い回しがありますね。
例えば目上の人やお客様相手には敬語などがあげられます。
「お伝えする」や「いただけますでしょうか」など、相手に失礼とならないように丁寧な言葉を使いますよね。

これらの例と同じように英語にもビジネスの場で使う丁寧な言葉があるのです!
日本語と同じように失礼に当たらないように特別な言葉遣いを使うため、ビジネス英語は少し注意が必要なのです。

メールでのビジネス英語!

日本語と同じようにメールでは多くの言い回しが存在します。
件名やあて名をしっかりと書かないと相手にとって失礼に当たってしまいます。
例えば問い合わせであれば"Inquiring about XXX"というフレーズを使うことができます。
請求であれば"Requesting about XXX"ですし、お礼を言う場合は"Thank you for XXX"と表現することができます。

さらにあて名は男女をかき分ける必要がありますので要注意です!
日本語の「~さんへ」という書き方は有名ですね。
"Dear XXX"と表記します。
男性であれば"Mr"、女性であれば"Ms"を名前の前に書きます。
その後の本文は日本語のように目的を明らかにしながら読み手に分かりやすく書きましょう!


この記事をシェアする
TOPへ戻る