ビジネス英語はどう身に着ける?

>

ビジネスシーンで使おう!

ビジネス英語の挨拶は?

まずはビジネス英語を使う際に覚えていたほうがいいフレーズをいくつか紹介します!
一つ目は営業先に挨拶するフレーズを。
教科書では"How are you?"や"I'm fine thank you!"など、今でも覚えているフレーズがあるのではないでしょうか?
しかしこれらのフレーズはいわゆる「教科書英語」なんて言われていて、ネイティブが聞くと堅苦しいような言い方になっているのです。
挨拶は相手に好意を与える最初のチャンスです。
フランクに、かつ失礼のないように、"Hello, it's nice to see you!"(こんにちは。初めまして!)とあいさつしましょう。
そして調子はどうですか?といった意味で"How is it doing?/ How do you do?"と相手に聞きましょう。
このような言い回しはビジネスの場でなくてもし自然に出れば、スムーズに会話が進むこと間違いなしです!

会議で使える英語のフレーズ!

それでは次に実践で使えるフレーズをご紹介します。
ビジネスといえば会議に参加して様々な意見を挙げる姿を想像することができますよね。
そんな会議中に使える英語のフレーズはどのようなものでしょうか?
例えば「賛成・反対」の意思を示す際には"I agree/disagree"などを使うかもしれません。
しかしただその意思を示すのではなく、より詳しく意思表示ができるようにしませんか?

例えばとても良い案ですね!と言いたいときは" That is a wonderful/great plan!"ということもできますし、逆にそれは問題点があると思いますよと意見を出したいときは"I think that plan wolud have problem"などと表現することができます。
実用性のあるビジネス英語を身に着けて、会議に積極的に参加しましょう!


この記事をシェアする
TOPへ戻る